クラックの上からコーキングするのは問題ですか?

質問

自宅が築15年以上経過したため、外壁塗装をしています。
施工業者によると、サイディングの目地のコ―キングには手を付けない方が良いとのこと。
その理由は、下手にコーキングをいじると雨漏りの原因になるからだそうです。

補修のやり方を見ていましたが、クラックの上から新たにコーキングを載せ、小さなクラックには手を付けずに上から塗装しています。
小さなクラックであれば塗装で埋められるのでしょうか?

回答受付中 0
s68hj2gk 12か月 1 回答 329 PV

回答 ( 1 )

  1. この回答は編集されました。

    クラックにもよると思いますが埋めることは可能です。

    ただシールというものは弾力的な動きがある為、その上からの塗装では無理があります。

    埋めることはできてもそれは見た目だけであって性能的にはあまり意味がないと思います。

    ちなみにモルタルの場合は塗料のクラックへの擦り込みでの意味はあります。

    そもそも築15年のサイディングでシールに手を付けないというのは論外です。

    下手にシールをいじると雨漏りの原因になるというのも、実務の塗装経験者ならすこし恥ずかしくて言えないレベルのものだと思ってください。

    またサイディングのシールのクラックというものは、いわゆるシールそのものの破断もありますが、サイディング断面からの剥離という種類のものもあります。

    そして断面剥離は少ない劣化症状ではありません。

    さらにもし見た目だけでもシールのクラックを塗料で埋めるだけだとしても、断面剥離を起こしていたら意味ないですし、断面剥離を塗料で埋めることは出来ません。

回答する