腕のいい業者の見つけ方を教えてください

質問

築28年の木造建築に住んでいます。
屋根の面積がとても広く、外観の半分が屋根になっているような感じです。
(屋根裏部屋のようになった3階があります)

築10年目に外壁塗装をしました。
改めて塗装の時期が来たと感じていますが、どの業者に依頼したらいいやら迷っています。

大手メーカーはリベートが多いようですし、ネットで選ぶ塗装会社は信用出来るのか不安です。地元の工務店といっても付き合いも心当たりもありません。

安心して任せられる腕のいい業者はどうすれば見つかりますか?

解決済み 0
dj_street 2か月 1 回答 77 PV

回答 ( 1 )

  1. この回答は編集されました。

    前回塗装から18年経過して、これまで特段なトラブルがなければ前回業者でよろしいのではないでしょうか。
    悪い例であれば塗装したから10年も全く満たずに、致し方なくいわば強制的に塗装をしなければならない状態になってしまう家もあります。
    経年劣化は当然のこととして、18年持っていれば良しだと思います。
    また新しい業者を探して前回より質が良い業者さんに当たるとは限りません。

    そして、ここからはもしそれでも別な業者にしたいという前提で回答します。

    まず、塗装業者は開業するには資格など不要です。
    なので現場での実務作業が出来なくても、またそれだけの技術を持ち合わせなくても塗装業はできます。
    でもやはり現場のことをよく知っている業者にお願いしたいはずです。

    そのためには社長さん自身に実務作業ができるだけの塗装技術が備わっている必要があります。
    社員や職人の資格云々というよりかは、結局のところ社長さんが塗装品質を決めるための工事方針や作業指示を決めるからです。

    では実務作業ができる社長さんはどのように探せば良いのでしょうか?
    一級塗装技能士の国家資格を持っている社長さんの業者を選べば良いのです。
    もちろん実務作業が本当にできるとわかっている社長さんの業者ならそれでオッケーなのですが、一般の方がそれを判断するためにはやっぱり資格の確認が一番です。

    一級塗装技能士資格証

    さらに民間資格ではなく国家資格という点が重要で、国家資格でもたくさんの種類があるため、塗装に直接関係のある「一級塗装技能士」ということになります。

    この業者選びは世の中に出ている業者選びとしては比較にならないほど実は断然に有益な選び方です。

    ただしそれでも絶対ということは言い切れないので、予算の都合と会社に出向くなどしての確認も必要かと思います。

    ベストアンサー

回答する

回答する権限がありません。