このままあと7年待つと、外壁から浸水する危険性はありますか?

質問

築8年で外壁がサイディングの一戸建てです。
外壁の現状は、チョーキングあり、1階の北側に藻が薄く生えています。
先日リフォーム業者の営業マンが来て「もう防水機能がない状態なので吹き替えが必要」と言われました。

ハウスメーカーは「15年で吹き替えする人が多い。よその業者に頼むと、家の10年保証が失効する」と言います。
このままあと7年待つと、外壁から浸水する危険性はありますか?

またこの業者から自然石調セラミック系塗材を薦められました。
下地の上からセラミック塗料を2回塗って、コーティングを2回塗ることで、20年〜30年持つそうです。
これはどうなんでしょうか?

解決済み 0
, 中尾 4か月 1 回答 92 PV

回答 ( 1 )

  1. この回答は編集されました。

    まず「吹き替え」ですが、おそらく「塗り替え」のことかと思われます。

    「チョーキングやカビが発生したから、すぐ塗装が必要」というのは訪問販売業者の常套句なので、すぐに真に受けるのではなくもう少し慎重になりましょう。

    外壁塗装の劣化は色々ありますが、中でもチョーキングと藻だけというのであれば、緊急性はないと思ってもらってもいいと思います。

    もし塗装が必要だとすれば、目地やサッシ周りのシールです。

    外壁から雨水などが侵入するとすればそこが一番気にすべき場所です。

    外壁そのものから水が侵入することはありません。

    ただ室内や外壁の下地まで侵入はしないものの、クラックなどがあればそこから侵入することはありますし、室内までとはいかなくとも外壁素材の中まで染みることはあります。

    ただそれも稀です。

    ですので、7年そのままでも余程クラックなどの悪影響が生じない限り外壁に水が侵入することはないと思っていいでしょう。

    石材調のセラミックですが、他の塗料にくらべて模様出しをする為、塗膜を厚くする必要があり、塗装膜の重量が増すためサイディングに塗ってしまうとごっそり剥がれ落ちてしまう可能性が高いです。

    もしそうなった時は張り替えも視野に入れなければならなくなるほど取り返しの付かない話になもなってきてしまいます。

    このようなことからも訪問販売業者の話は大げさではなく半信半疑にしておかなければ大変な結果を招く可能性をはらんでいます。

    20年~30年長持ちするというのもとても頂けない話なので信じないほうが得策でしょう。

    ベストアンサー

回答する

回答する権限がありません。